Jacob Slot

アンバサダー

出身地

St. Anton am Arlberg, Austria

出身地

St. Anton am Arlberg, Austria

アンバサダー

スキー

Google EarthやWhatsAppが支配する世界で、誰も挑戦したことがない、まっさらなスキーラインのような本当に自由な場所を探すことは困難。ジェイコブが険の宝庫と出会ったのは、20年以上前。パートナーのコニー・ザマニクとともに、サンクト・アントン・アム・アールベルクにあるチロリアン・スキー・ロッジから、南のパタゴニアへ冒険し、チリの外交官から海岸の南部の地図を受け取ったときだった。手書きの地図を手に出発してからは、これが彼らのやり方になり、厳しい風、孤独、そして自然への我慢強さのおかげで、チベット、アフガニスタンのワコン地方、ペルー、コロンビア、ボリビア、チリ、アルゼンチン、メキシコ、グリーンランド、スピッツベルゲン、日本、さらにアルプスとパタゴニアで多くの初滑降を達成するテレマークスキーヤーになった。ジェイコブは、執筆活動、写真撮影、動画作成を通して冒険を共有し、環境保護活動家として精力的に活動し、彼のふるさとのパウダースノーでのスキーを守り、第2のふるさとを過剰採取から守ることにも力を入れている。エル・チャルテンでの最初の冒険から、ジェイコブの不文律は、冒険を決して宣伝せず「地元の人がエル・チャルテンの発展を望むのであれば、その選択権は彼らにある」ということ。世界中をスキーし、孤立した場所に対する彼の趣向は、最近のスキー登山に焦点を当てており、極地とこれまでどおりパタゴニアに向いている。

主な実績

  • アールベルクに関する深い知識
  • コルディジェラ・サルミエント、北極冠、南極冠を含む、多くの初登と滑降を含むパタゴニアでの冒険は20回超
  • 尽きることのないプロジェクトのアイデア
  • 受賞歴のあるフィルムメーカー
  • テレマーク・スキーヤー
  • マーティン・ショーブとコニー・ザマニクとともにポーラー・プロジェクトの創設者