No.50, Shwe Myodaw Zaydi Street, Mingalardon Garden Park, Yangon Industrial Zone, Mingalardon Township, Yangon, Myanmar

No.50, Shwe Myodaw Zaydi Street, Mingalardon Garden Park, Yangon Industrial Zone, Mingalardon Township, Yangon, Myanmar

ZK Group (ZKG)は、その卓越した技術で高い評価を得ている香港に拠点を置く企業で、当社と最も長い関係を誇る重要なパートナーの一つです。ZKGの強みは、全てを上手く行えるところです。私たちは、2013年に自社のダウン製品ラインを立ち上げた時に、そのダウンに対する専門知識を求めてこの家族経営の企業をまず頼りました。ZKGは能力があって多数の仕事をこなせる労働力を持った企業で、現在はニットやダウンからゴアテックス製品やヴェイランス製品まで、アークテリクスのアイテムを幅広く製造しています。

ZKGの工場には、適切な技術能力と当社の特殊なニーズを満たした最良の設備があります。ZKGは高品質の製品を作り上げてきた長い歴史を持つダウンのスペシャリストです。以前からW. L.Gore & Associatesと強い関係を持っており、定評のあるゴアテックス製品試験施設も有しています。

この企業がアークテリクスにとって特別な理由は、同社の人と文化です。ZKGを所有し経営する家族は現在三代目の経営者になっていますが、彼らとパートナーシップを築くことは喜ばしいことです。彼らは先駆的で反応が早く、私たちと共に成長して投資することに非常に前向きです。家族と他のリーダーは、積極的に現行のソリューションに耳を傾けて先を考えます。彼らは当社の生産ニーズに見合う新しい施設を開発することで、当社の現在の大きな成長を遂げている期間の運営に貢献してくれています。

ZKG Asia施設はミャンマーのヤンゴンの郊外に位置しています。ZKGは貿易制裁が解除されるやいなや、ミャンマーを検証。この地域に移転して地元の事業者達と連携し、自社工場が完成するまで既存の建物を使って事業を進める最初の企業の一社となりました。

この新しいZKG Asia施設は、設備の選択から人材配置まで、アークテリクスを念頭に置いた専用の施設です。テキスタイルに強い素養から、従業員は軽量ストレッチウーブンジャケットから始め、次はダウンやゴアテックス製品へと徐々にトレーニングを重ねました。

2017年、世界が注目したロヒンギャ族難民危機のため、私たちはミャンマーに拠点を存続させることを見直さざるを得ませんでした。 たくさんの議論と検討を重ねた後、私たちが何をコントロールできるかに焦点を当て、その状況を間近で見定め、当社の製造パートナーと共に社会と環境に対する影響をよりダイレクトに取り組むことにしました(詳細はアークテリクスのミャンマーブログを参照)。ZKGと共に2つの社会影響プログラムについてディスカッションをし、合意の下で2018年にそのプログラムを立ち上げました。

経営陣が環境、健康と安全性の実践、一般人材管理についてのトレーニングを6か月間以上受けられる欧州資本のミャンマープログラムがSMARTであり、アークテリクスはそのSMARTにZKGアジアが参加できるようにしました。ZKG Asiaは6ヵ月の間に素晴らしい成果を見せ、推奨事項の75%以上を満たしました。

ZKG Asiaは、12~14ヵ月間に及ぶ Health Enables Returns (HER)と呼ばれる女性の健康教育プログラムにも参加しました。SMARTとHERプログラム双方の影響とメリットについての詳細は、こちらの当社のブログを参照してください: https://blog.arcteryx.com/arcteryx-in-myanmar/

ZKGが責任感を持ってリーダーシップを発揮しながら、アークテリクスの品質基準の細部に気を払って理解することによって、当社の成功と成長における大きな信頼を分かち合うことができました。