Katie Holden

アンバサダー

出身地

Half Moon Bay, CA

出身地

Half Moon Bay, CA

アンバサダー

マウンテンバイカー

ケイティ・ホールデンのマウンテンバイクへの情熱は思いがけない出来事から生まれた。2001年9月11日に起こったアメリカ同時多発テロ事件の余波を受け、高校のクラス旅行が中止になったため、ケイティは地元であるシアトルのバイク合宿に申し込んだ。汗と汚れにまみれ、傷だらけになりながら、泥に覆われたレンタルバイクを引いて1週間の合宿を終える頃には、「天職を見つけた」と実感したという。カリフォルニア州ハーフムーンベイで生まれた彼女は、ほぼ10年間レースサーキットに入り浸っていた。そのサーキットこそ、彼女が地元や国内レベルの競技会に参戦した場所であり、その後のワールドカップや南米のアーバンレースへの挑戦が始まった場所である。ケイティにとってレースとは、団結心を育み、限界への挑戦心をかき立てるものである。また、決して心地よいとは言えない状況を心地よく感じさせてくれるものでもあるらしい。他とは一味違うコンディションのコースを味わい、新しいモチベーションを見出すという欲求に後押しされ、ケイティはおよそ10年前に、レースの世界からフリーライドの世界に飛び込んだ。ウィメンズフリーライドへの熱い思いは、今日もなお彼女を新たな挑戦に焚きつけている。1週間かけて開催される女性対象のフリーライド合宿「Formation」の発案者でもある彼女は、ウィメンズフリーライドの地位を向上し、後続の女子フリーライダーのキャリアの道筋を築き上げたいと考えている。現在、ワシントン州のベリンハムに拠点を置くケイティは、様々な場所、人々、世界全体のコミュニティと、スポーツとをつなぐ方法を模索し続けている。険しいトレイルでのライドに挑んでいるとき、あるいはビジョンを組み立てたり、Formationのスタッフとイベントを企画したりするとき以外は、文字通り「地面に張り付いて」いることが多いという。地面に寝転がり、地球が今その瞬間に対して体を押し出してくれるような、背中に伝わるエネルギーを感じるためだそうだ。

主な実績

  • Red Bull Formation共同設立者
  • 2010年 パンアメリカンマウンテンバイク大陸選手権エリート女子ダウンヒル優勝。
  • 2012年 全米マウンテンバイクグランプリ優勝(バーモント州シュガーブッシュ)。
  • 50ヵ国以上訪問、アメリカの全50州訪問。
  • コロラド大学政治学学士号を取得。
  • ボートによる世界周航。
  • ニューヨークシティマラソン走破。

Related Stories

Endless Possibilities: Katie Holden

Endless Possibilities: Katie Holden

Words by: Bronwyn Fache Photos by: Paris Gore  Katie Holden’s introduction to biking happened purely by happenstance. After her high… Read more