Jordan Cannon

スポーツ

クライミング

出身地

Charleston, SC

アクセス

出身地

Charleston, SC

スポーツ

クライミング

ジョーダンのクライミングに対する情熱と理解は、このスポーツを通して見出した真の自由から来ている。子供の頃、ジョーダンは実際にはクライミングにはタッチしていなかったが、ルートとして想像しながらあらゆる戸口をふさいだり、見つけた木の皮をはがしたりすることに熱中していた。実際の岩肌に触れてから、彼は水を得た魚のようにクライミングをするようになり、岩の上で一日過ごせることの有難みを忘れたことはない。ジョーダンは、その道徳観とクライミングに敬意を払う姿勢により、彼より年かさの人達より尊敬を集めている。彼の強さは、そのクリーンでクラシックなスタイル、礼節を尽くす気質、そして綿密なパッキングから来ている。もしジョーダンと一緒にクライミングをするチャンスがあったら、あなたがぐずぐずしていても彼は喜んで待っていてくれるだろう。ただし、前夜に荷物をしっかりパッキングしておくことをおすすめする。

主な実績

  • 2020年3月、メキシコのカノン・タホはEl Gran Trono Blancoで、The Giraffe, V, 5.13b Rのフリークライミングに2度目の挑戦。
  • 2019年10月、アメリカのヨセミテ渓谷にて、El CapitanのFreerider VI、5.13aでのフリークライミング。14.5時間全ピッチをリード。
  • 2019年8月、アメリカはシエラネバダ山脈におけるThe Incredible Hulkの Airstream, V, 5.13b をフリークライミング。
  • 2019年6月、アメリカのヨセミテ渓谷にて、El CapitanのGolden Gate VI、5.13bでのフリークライミング。4日間全ピッチをリード。
  • 2018年9月、アメリカのドナーサミットにて、5.13cのPump on a Stringの初登に、全てのギアを装着したまま成功。
  • 2018年6月、アメリカのヨセミテ渓谷にて、The Nose of El Capitanと、Regular NW Face of Half Domeのルートを、Alex Honnoldと共に16時間で中継。

アクセス