Florence Williams

アンバサダー

出身地

New York, NY

アクセス

出身地

New York, NY

アンバサダー

作家

フローレンス・ウィリアムズは、マンハッタンの中心部で育ったこともあり、一見するとアウトドア愛好家とは分からないかもしれない。しかし彼女は毎年夏になると、父親と共に森林の中を走る川岸をランニングして過ごした。テントや1970年代後半の古びたダッジバンに寝泊まりしていたという。彼女のジャーナリストとしてのキャリアはコロラド西部でスタートした。地元紙のハイ・カントリー・ニュースで環境問題についての記事を担当後、雑誌『アウトサイド』の中心的編集者として活躍した。人間と自然の間にある目に見えない絆に興味を抱き続けてきた彼女。自身による著書やポッドキャスト、寄稿文では主に、身心の健康、プラネタリーヘルス、環境正義、そしてそれぞれが交わることで起こる現象について語っている。最近ではワシントンD.C.を拠点として活動するフローレンスは、特に都市で暮らす人々と自然とを結びつけることに最も情熱を注いでいる。その絆の形はどんなものであっても構わない。「生身の人間も、手を伸ばすだけで、自然に触れられる」が彼女のモットーだ。近著『The Nature Fix』:自然と触れ合うことで、いかに幸せと健康、創造性が増幅するか…、「Center for Humans and Nature」の研究員である著者が語る。

主な実績

  • 2度のグレイシー賞受賞:オーディオブック『Breasts Unbound(2017)』、『The 3-Day Effect(2019)』。
  • 紀行文で2019年ローウェル・トーマスアワード大賞。
  • 2013年ロサンゼルス・タイムズ紙文学賞科学技術部門大賞。
  • 心優しい10代の子供2人を育てる母親。
  • 役員:ハイ・カントリー・ニュース、コロラド大学環境ジャーナリズムセンター・Ted Scrippsフェローシップ。
  • アンナ・ブローンズのWomen’s Wisdom Projectが選ぶ影響力のある女性100人に選出:https://annabrones.com/womens-wisdom-project/

アクセス

Related Stories

FLORENCE WILLIAMS: OPENING OURSELVES TO NATURE

FLORENCE WILLIAMS: OPENING OURSELVES TO NATURE

Words By: Emily Martin Photos By: Ben Rosser Florence focuses her career on the intersection of human health, emotional well-being,… Read more

World Mental Health Day

World Mental Health Day

Words by: Florence Williams  A couple of years back, I was hiking in the desert with David Strayer, a cognitive… Read more

Finding Ourselves in Nature

Finding Ourselves in Nature

Words by: Florence Williams Feature image by: Mattias Fredriksson Recently a friend described to me that he feels like he’s… Read more